3ヶ月で英語が自然と口から溢れ出す!大人の為の英会話速習トレーニング
あなたが以下のような方なら
このレポートが大いに役に立つはずです!
1:英語・英会話が初心者だけどスラスラ英語を話したい方
2:学校の英文法が苦手・嫌いな方
3:海外旅行で自由に英語を話したい
4:外国人と友達になりたい方
5:急な海外出張が控えている
6:日常生活自分の意志を英語でもっと伝えたい方
7:今まで何をやっても英会話習得に挫折して来た
8:TOEICなどの公的試験の点数が良くても流暢に喋れない
  そんなあなたには・・・
英語の スピーキング力
上げる事に 1点集中 した

「フォーカスピーク」

メソッドをここで
一般公開します!
 ただしご注意ください。

大人になってから英会話をマスターしようと取り組み始めているのに、完璧な英文法や難解な英単語までを網羅しなければ・・・
英会話は成り立たない!
発音からリスニング、ライティングもリーディングも・・・
ネイティブと同等レベルを
身につけるべきだ!


という『大人が英会話をマスターして楽しむ』為に非効率な考え
英会話フリークのような方にはお役に立てません
ので

今すぐこのレポートを閉じて下さい。

英会話ができずに途方に暮れていた毎日・・・

fs-top-image
From オーストラリア 午前5時43分(現地時間)安田正輝

あの日、僕はオーストラリアで途方に暮れていました。
一体この先どうすれば良いのだろう・・・

途方に暮れていた原因は「英語」です。fs-letter-1

もっと細かい事を言えば「英会話」です。

とにかく海外に行ったら英会話など直ぐにできると思っていた
自分の甘さに痛感させられました。

こちらが何か言っても「what?」と何度も聞き返される屈辱・・・
相手が何か言っても「???」が頭を駆け巡る不安・・・

こんなエピソードを挙げればキリはありませんので
割愛しますが、とにかく苦労していました。

決して英会話をマスターする為に何もしていなかった訳
ではありません。


それまでの僕は聞き流す系の英会話教材で日本にいる時は
もちろんオーストラリアに来てからも、

とにかくいつでもどこでも英会話シーンが録音された英文を聞いて、
その後に流れる日本語訳をひたすら聞いていました。

最終的に総額20万円ぐらいかかり高額でしたが、手軽だったというのも
ありますし、分かりやすかったというのもありますし、

移動するスキマ時間でも出来たのでとにかく聞きまくっていました。

しかし・・・

もう擦り切れる程、どれだけ聞いたか分かりませんが、
一向にオーストラリアというリアルな英会話シーンでは英語を
まともに聞き取る事も話す事も出来なかったのです。


自分は何か聴覚に問題があるのでは?



あるいは脳が英語を上手く運用できるように出来ていない
欠陥があるのでは?fs-letter-2

と思うぐらい落ち込む日々が続きます。

日本ではそれ程大手ではありませんでしたが、
英会話スクールにも通いましたしスカイプ
英会話も行いました。

それで英会話が出来るようになっていた人達もいたと思いますが、
自分にとってはどうしても言いたい事が言えないイラ立ちや沈黙
(沈黙するから先生ばかり喋っている)ばかりの日々が続きました。

せっかく大志を抱いて来たオーストラリア。
このまま帰国する事だけは絶対に避けたい。

藁をもつかむ思いでネットサーフィンをしていた時、
ある英会話を上達させるというトレーニングに出合いました。

それが「英語回路トレーニング」と呼ばれるモノです。

これを提供している会社の代表もfs-letter-3
元トラックドライバーでお金を貯めて、
カナダに単身渡ったけど全く英語・英会話ができずに・・・

もがきながら語学学校も途中で止めて、
韓国人から教わった独学の方法で英会話をマスター。

その後、アメリカに渡って大学院でMBAまで取得したという・・・・

約3年もの月日と多大なコストをかけてご自身が「英語難民」
だった経験から英語難民をなくす思いで様々な研究
を経て
作り上げたのが英語回路トレーニングです。

当時の僕はワーキングホリデービザで来ていた為、
語学学校にも通えましたが、予算の関係と語学学校の方法が
自分に合うとは思えなかったので途方にくれていました。

そんな時に出合ったのが英語回路トレーニングで、
直ぐに申し込みました。


ただ英語回路トレーニングは1年間のカリキュラムです。


僕はとにかく今の状況から直ぐにでも英会話、
特にスピーキングができるようにならないと自分の意思を
伝えられずオーストラリアでの生活が成り立たないため・・・

この英語回路トレーニングの中でもスピーキングに特化した内容
中心に約3カ月ほど行いました。

つまり本来は英語のリスニングやリーディング、ライティングなどの
スキルも1年かけてマスターしていく英語回路トレーニングですが、
スピーキング力を上げることだけに3カ月だけ1点集中
したのです。

すると不思議なことが起きました。

まず、今まで何の意思表示もまともにできなかった僕がまるで
英語が口から溢れてくる、こぼれ出すような感覚を得たのです。

自分の言いたい事がスラスラ、スッと英語で出てくる感じです。

更に驚いたのが、リスニング力です。

先ほどお伝えしましたが、スピーキングだけでもまずはできないと
色々なトラブルが起きた時に自分の意思をしっかり伝えられないから
(実際にそれでトラブルを経験しました)
優先していましたが、

リスニング力には自信がありませんでした。fs-letter-4

ところが、スピーキング力に1点集中して3ヶ月ぐらいで
トレーニングを終えてから大体1ヶ月後ぐらいに、
まるで耳の栓が取れたような感覚を得たのです。

どうしてもこれは経験しないと中々分かって
もらえないので説明が難しいのですが・・・

前述したようにオーストラリアで英語のリスニング時にはいつも自分は
聴覚障害でもあるのでは?と疑っていたぐらいです。

なぜならあれほど色々な英会話教材をすり切れるほど聞いても
実践の英会話シーンでは全く聞き取れなかったからです。

つまり僕の耳にはまるで英語を聴くときにだけ栓で蓋をされている
ような感覚でした。

「英語の音」はもちろん聞こえていますが、それはアラビア語とかと
同じで何だかさっぱり分からない・・・という状態だったのです。


それが突然、非常にクリアに聞こえ始め・・・


意味もどんどん理解できる状態に変わっていたのです。
(この理由は後になって山本さんから聞いて納得できました)

そして何とオーストラリアのある企業から内定をもらい
ワーキングビザも発行してもらい、永住権の申請も行ってもらい
オーストラリアに永住出来るようになりました。

お手紙が長くなってしまいますので、ここまで非常に省略して
説明してきましたが、英語回路トレーニングに出合った事がきっかけで
英会話が上達して人生が開けて行きました。

その後、色々な過程を経て、オーストラリアで起業する事を決断して
自ら事業を立ち上げるだけでなく、

英語回路トレーニングを提供しているGLJ英語学院の設立者である
山本さんから事業を手伝って欲しいという依頼も受けるまでに
なりました。

fs-header-reason

fs-profile-photo

初めまして。

シークウェイズグローバル代表兼
GLJ英語学院の代表をしている

安田です。

冒頭にお伝えしたように、僕はオーストラリアで
英語にとても苦労をしていました。

その後の経緯は簡単ではありますが、
前述した通りです。

僕は現在、地元オーストラリアで英語スピーキングに特化した
ある英会話速習法
を教えていたり、コンサルタントとしてオーストラリア
(日本でも)で起業したい人達の支援をしたり、

趣味のサーフィンを軸にビジネスもしていて、fs-letter-5
サーフィンを習慣化していくコーチや
サーフボード販売なども手がけています。

日本にもたまに帰国しますが、ベースはオースト
ラリアで生活しておりオーストラリアと日本の
デュアルライフ生活を送っています。

また前述しましたが、GLJ英語学院でもお手伝いをしており、
実績が認められてGLJ英語学院の代表もしています。

そして僕自身が実際に英語回路トレーニングを受けていた時、
あるいは地元オーストラリアやGLJ英語学院にて実際に
クライアントを指導していて感じていた事がありました。

それは・・・

もっとスピーキングにフォーカスすれば半年〜1年という
カリキュラムではなくてもできるのではないだろうか?

ということです。

前述しましたが、僕にはとにかく1日でも早く英会話をマスター
しないとオーストラリアでの生活が成り立ちませんでした。

1年間じっくり力を付けていく必要性は重々感じていましたが、
そんな猶予はありませんでした。

そこでカリキュラムの中でもスピーキングに特化した内容を
中心に行って、事実短期間で英会話をマスターするまでになりました。

そんな自分の経験からお客様へのリサーチも兼ねて、
英語回路トレーニング内容をスピーキングにフォーカスする
カリキュラムを実践していました。

英語回路トレーニングとは4技能(話す・聞く・書く・読む)を
バランス良く文字通りトレーニングで鍛えて、

「英語回路」と呼ばれる「英語を英語で瞬時に理解する=英語脳」
「英語を無理なく耳で聞き取る力=英語耳」「英語を口でスムーズに運用
する力=英語口」
を身につけるトレーニングです。

これから留学をするまたは外資系企業に勤める人達・・・
あるいは海外赴任を予定している人達・・・
ビジネスシーンで英語で交渉する事が必要な人達・・・

またはやればTOEICや英検などの公的試験の点数も上がりますので、
そのようなテストの点数で高得点を上げたい人達・・・・
fs-letter-6
という風に「本格的な実践の場で英会話が必要」
あるいは「公的試験で高得点が必要」な人達には
英語回路トレーニングは素晴らしいメソッドだと思います。

それぐらい細かく丁寧に設計されています。

しかしもっと気軽に、

海外旅行で英語を不自由無く話したい・・・
日本でもネイティブ外国人と気軽に話したい・・・
スカイプ英会話でもっとスラスラ言えるようになりたい・・・
英会話スクールでもっと講師と密に話せるようになりたい・・・
お店等で外国人と会ったら臆する事無く話しかけるようになりたい・・・
日常生活レベルで不自由無く英語を話したい・・・
ノンネイティブな外国人(北欧やアジア系の人達など)とひたすら英語で
  語り合いたい・・・

などなど決して本格的な実践の英語シーンでは無くても、
自分の思った事を相手に伝え、相手もそれを理解し、

更に相手の言っている事もしっかり理解できる英会話を
マスターするならスピーキングに特化すれば良いと感じていました。

事実、僕自身も英語回路トレーニングを受けている時、
カリキュラムの中に学校英文法を実践する箇所があるのですが(それを後に
山本が伝えているイメージ英文法というモノに変換します)、

そこなどが苦手で飛ばしていましたし、ほとんどスピーキングに
効果のあるモノだけをチョイスして実践
していました。

ですから逆に言うとスピーキング力が先にグングン上達したのです。
それを僕自身のクライアントへ試した所、やはり同じ事が起きました。

ある女性のクライアントさんからこのような印象深い言葉を
いただいた時がありますが、
fs-voice-lady

そうなんです、英語が口から自然と溢れて来る(これは
体験した人にしか分からないと思いますが)イメージです。

個人差はありましたが、大体3ヶ月もすれば英語が自然と口から溢れて来る
感覚、スラスラ英語が出て来るようになったのです。

そこで勝手ながら山本に相談しました。

fs-message-chat

そうして僕は自分が英語回路トレーニングで実践して来た内容で
スピーキング力を上げる事に特化した内容を「フォーカスピーク」と
名付けて山本さん宛に送りました。

フォーカスピークとはフォーカスとスピークを掛け合わせた
僕が勝手に名付けた造語です。

つまりスピーキングにフォーカスするカリキュラムです。

そして山本さんから・・・

「安田さん、了解しました。安田さんのクライアントの方々と
スカイプで面談させて下さい」

そうしてクライアントさん達に依頼をして山本さんと面談をしてもらい
ました。その後、山本さんから・・・

一言「OK、やりましょう」

孫正義か?(笑)と思うぐらいの回答がありました。

このようにして山本さんを納得させて、更にフォーカスピークの
ノウハウを構築する上で山本さんと打合せをしてより強固になった
「フォーカススピーク」のメソッドをあなたにお伝えしようと思います。

fs-header-method

フォーカスピークはその名の通り、英語のスピーキングにフォーカス
する為に作られたメソッドです。

しかし驚いた事にスピーキングにフォーカスしていた内容でも
リスニング力も上げて、リーディング力やライティング力も
後からどんどん身に付いて行った
のです。

山本は良く言っていますが、大人になったら「読めて、聞けて、書けて、
話せて」という順番が英会話をマスターしていくプロセスだと。

しかしフォーカスピークでは逆の現象が起きていたのです。
「話せて、書けて、聞けて、読めて」という順番です。

通常は皆さんややもすれば英語を聞いてばかりいます。

そうではなく、先にスピーキング力を上げて後から
リスニング力が追いついてくる仕組みです。

スピーキング力が先に身につくと、英文を自ら捉えることが可能になって
いること、そして更にそれなりの発音力も手にしている状況ですので
リスニング力も後から自然と上がってくる仕組みです。

つまり今までのただ聞き流すだけとは真逆、リスニング重視の方法とは
真逆のやり方で
リスニング力も身についてくるイメージです。

しかもやる事を絞っていますので、期間も3ヶ月(厳密に言うとフォーカスピークのカリキュラムを行う前に12日間程ある準備をする必要はあります)、あれば十分です。

なぜそれが可能か?

ですが、実はこれら5つのメソッドをベースに様々な仕掛けを使うからです。

フォーカスピーク5つのメソッド
~FocuSpeak Five Methods~
継続学習メソッド


特殊な音読発音メソッド


イメージ英文直訳メソッド


リエゾンメソッド


シンプルイングリッシュメソッド

それでは1つ1つ説明していきましょう。

1: 継続学習メソッド

1番目の継続学習メソッドとは、読んで字の如く
英語学習を継続させる方法です。

当たり前ですが何をするにも英語学習という行動が継続できなければ
何も始まらないし何も生み出さないからです(笑)。

フォーカスピークを実践する内容は色々な複雑要素を排除しているので
それだけでも継続しやすい
ですが、

最初に英会話を使ってどうなりたいのか?
フォーカスピークを実践する時間はどうするのか?
フォーカスピークを習慣化していくにはどうするのか?

などなど英会話を使えるようになった
後の世界を描き実現する具体的な方法と
心理学要素も取り入れた方法を伝授して
挫折する事を防ぎます。

つまり簡単いえば、「常にフォーカスピークを実践する時に
ワクワクした気持ちを持つ」
環境を作り出し、

「根性でやる!」みたいな根性論とはかけ離れた、
モチベーションも同時に作り上げていきます。

そしてシンプルな時間管理の方法を導入します。

つまりフォーカスピークに限りませんが、何かスキルをマスター
する為には時間を確保しなくてはなりません。

ただしこの時間確保が困難な場合はそれだけで継続学習が達成されません。

そこで英語回路トレーニングでも効果抜群の方法であるシンプルな
時間管理法や慣性の時間法則などの方法も導入しています。

慣性の時間法則とは例えば1日に費やす学習時間が長ければ、
最初は良くてもたったそれだけで継続しない事にも繋がります。

そこで1日辺りの実践時間は最初の10日間で1日20分から
スタートして次の10日間は1日30分、次の10日間は1日40分・・・

のように10日おきに1日10分だけ学習時間を増やして行き
自然とある程度の学習時間を確保できる習慣を定着させていきます。

キッチンタイマーなどを使うと更に効果的です。

これを慣性の時間法則と名付けており、
やってみると分かりますが、

驚く程1日の学習時間が増えても無理なく苦もなく
対応可能な自分に気づくはずです。

例えば大きな石は最初に動かす時が最もエネルギーを使います。

しかし大きな石も一度転がり出せば後は慣性の法則が働き、
動かす事が楽になります。

つまりいきなり高い地点で学習時間を設定せずに、無理の無いペースで
まずは動かしながら少しずつ負荷をかけていくイメージ
です。

ただし、当然個人差がありますので
そこも考慮に入れています。

フォーカスピークの実践は最初の事前準備に12日間ほどかかりますが、
その後の実践は3ヶ月で終了することを目標としていますので、

どんな英語レベルの人でも、あるいはお忙しい人でも倍の6ヶ月
あればまず間違いないと思っていますので、その対策も行っています。

この慣性の時間法則である積み上げ式の時間管理は無理なく
継続できる最高のシステムでその為の具体的でとても簡単にできる
日常生活のシンプル時間管理の手法も取り入れています。

英語を使わなくても生きていける
日本という環境ではこの
継続する仕組みがとても大切なのです。

仕組みにするには習慣化まで
落とし込む必要があります。
当然ですが、これも簡単に
習慣化できる方法で行います。

2: 特殊な音読・発音メソッド

あなたがもし英語のCDや音声をただ聞いているだけなら

英語が口から溢れて来る経験をされた事はないのでは無いでしょうか?

少なくとも僕自身や僕の周りの方々、
長年英語教育ビジネスに携わっている
山本さん自身または彼の周りにも
そのような方はいらっしゃいません。

もちろんそれで英語が口から自然と
溢れて来るような経験をされている
人達も中にはいるかも知れません。

しかしあくまでも僕らの周りにはそのような人達がおりません。

仮に大量の英語をシャワーのようにあびていても、それを口の動きと
連動させないと英語は口から自然と溢れてくるようにはならないんですね。

なぜなら英語を話す口と日本語を話す口は全く異なるからです。

いくら性能の高いアプリケーション(英語の知識)をインストールしても、
それを動かすOS(口)が合っていなければアプリケーションが
作動しないのと似ています。

そこで英語回路トレーニングでも採用されているある独特な
発音教材を採用して発音力を上げる事も行います。

もちろんネイティブと同等の発音力を目指す必要はありません。
あくまでもネイティブに通じる発音力を手に入れる事が必要です。

最初にベース(これだけは知っておきたい子音と母音の音の出し方)
を簡単に練習してから、口周りの筋肉と舌の動きをスムーズにする
発音練習に1点集中していきます。

こうする事で発音が綺麗になるのはもちろんですが、

それに伴うリスニング力の向上と更には瞬間的に
英語が口から飛び出す体験へと繋がります。

つまりインプットされた英語情報を
アウトプットする時に口や舌が自動的に連動される事が
英語が自然と口から溢れて来る為には必須です。

多くの人達はここが結びついていないので、せっかくインプットが
あってもそれをアウトプットへと繋げられないケースも存在します。

例えば、TOEICやTOEFLなどで高得点をあげていても、
英語が話せない人達が多いのもこれが理由です。

更に英語を自然と口から溢れて来る為には特殊な発音練習に加えて、
特殊な音読トレーニング
を積む必要があります。

前述しましたが、英語回路トレーニングと呼ばれるメソッドでは
合計で4種類の音読トレーニングを取り入れています。

しかしフォーカスピークでは2種類(人によっては3種類行います)
に絞って音読トレーニングを行って行きます。

本来は1種類(これがスピーキング力を上げる最大の音読法です)
でも良かったのですが、

もう1つの音読トレーニングは
リスニング力と英語の反射神経が
鍛えられるため、スピーキングにも
効果的だと思い取り入れています。

更にこの2つの音読の時間差も測ります。
この時間差がポイントなのです。

ここで断言しても良いですが、日本人が日本という英語の必要ない
環境で(今後はかなり必要になる時代が訪れると思いますが)、
ただ英語を聞き流すとか(これは論外です)、聞き流すだけでなく
しっかりリスニングをしているだけでは確実に話せるようになりません。
当たり前ですが口から英語をプロデュースする練習をしなければ
英語って話せるようにならないんです。

赤ちゃんならともかく、言語形成期を過ぎた大人にそれは無理です。
更にこの効果はスピーキング力に留まりません。

前述しましたが、通常は英語のリスニング力を上げるために
「英語を聞いて」ばかりいますが、そうではなく、先にスピーキング力が
次に説明するイメージ英文直訳メソッドと相まって発音力と前から英文を
捉える力が同時に身につきますので、リスニング力が時間差を経て追いついてくる感覚です。

そしてこのメソッドで使う題材は「健康・癒し」、「スポーツ」、
「ショッピング」、「ペット」、「人間関係」、「旅行」、
「インターネット」、「エンターテイメント」・・・

などなどワクワクして取り組める興味深い内容のモノばかりで
実践しますので楽しく実践できる仕掛けも作っています。

3: イメージ英文直訳メソッド

そしてイメージ英文直訳メソッドと呼ばれるものを使います。

英語を3ヶ月という短期間で口から溢れてくる状態にするためには
前述した特殊な音読(もちろん発音も)練習が必要です。

しかし意味の分からない英語を何度も何度も特殊な音読練習しても
全く意味がありません。

それはあなたにとって全く馴染みのないアラビア語(知っているなら
別ですが・・・)を何度も何度も音読練習しても話せるようにならないのと同じです。

英語を話すためには自分が口から出している「英文の意味と音の出し方」を理解している必要があります。

音の出し方は特殊な発音練習を積めば良いですが、それだけではなく、
意味理解の伴った特殊な音読、更に意味理解がベースとなっている・・・

発話実感(まるで目の前に相手がいてその人に英文を伝えている実感)の込められた音読(それも特殊な音読法)でないと意味がないのです。

意味理解や発話実感を込めるためには「英文を理解」できる力が必要で、
そのためにイメージ英文直訳と名付けたメソッドを使います。

イメージ英文直訳メソッドとは英文を見たり・聞いたり・話したり・書いたりと
いったインプット・アウトプットシーンで効率よく簡単に英文の構造を理解し組み

立てられるメソッドです。

例えば英語を話すときに英文の構造を理解できないと
「全ての英文を日本語訳で丸暗記」
しなければなりません。

良くある短文暗唱などがその類です。

しかし人間の暗記力には限界がありますし、何より覚えた短文が実践の
英会話シーンでは首尾よく当てはまらず、覚えた短文と少し違うシーンに
なると途端に言葉に詰まります。

英語が自然と口から溢れてくる状況とは真逆の
英語が自然と口から出てこない・・・

暗記中心の学習でこんな経験に陥ったことはありませんか?

また暗記に頼った習得法は直ぐに忘れたり
面白くないので継続しません。

英文は前からどんどん情報を追加していける特徴があります。

せっかくそんな素晴らしい特徴があるのですから、それを利用して
慌てず2、3語ずつでも(あるいは力が付けば4、5語ずつでも)

前からどんどん理解する・または組み合わせて情報を追加していく事が
できれば簡単にしかも短期間で聞けるようにあるいは話せるように
なるのです。

そのために必要な知識と技術がイメージ英文直訳メソッドです。

ちなみにこれは良くある英文法の知識や技術とは全く異なります。

むしろ学校英語で学んだ英文法と決別する方法です。

3ヶ月で英語が口から溢れてくる状態を作り出すのに、
難解な学校英文法を学んでいる時間もありませんし実践的ではありません。

つまり英文を難しい文法用語(仮定法だの現在完了進行形等々)を
使ったもので理解するのではなく、イメージと直訳技術という2つの方法

で理解していきます。

直訳技術とは読んで時の如く、英文を直訳していく技術です。
例えば以下の例文をご覧下さい。

He was the captain of a big ship, so he has lots of stories to tell about his experiences at sea.

こちらはあるテキストに記載されている英文でその日本語訳が以下の通りです。

「彼は大きな船の船長だったので、海での経験について語るべき話が

たくさんあります」

これは完全に日本語の文法ルールに
基づいた「意訳」であり、

本来の英語の文法ルールを完全に
無視しています。

直訳技術を使うと以下の通りになります。

最初の直訳では、

「彼は(was以下に)存在していました。船長という、大きな船の、
だから彼は持っています、たくさんの物語を、(何?それはねto以下)
話すね、彼の経験、海での」

この直訳が徐々に・・・

「彼はキャプテンだった、ビッグシップの、だから彼はhasしています、
たくさんのstoryを、tellするね、彼のexperiencesを海での」

そして直訳が最終的に・・・

「heがwasだった、the captain of a big shipの、so、heはhasしている、lots of storiesを、to tell aboutする、his experiences at seaの」

更に直訳を発展させると、全て英語になっていきます。

ここで何が起きているか分かりますか?

先ほどテキストに書かれていた訳は「日本語意訳」です。
これは中学・高校(今は小学生も)で試験用に作られた内容で、
「国語」の範囲で英語ではありません。

見事に後ろから前に英語の解釈をしています。
この癖をつけてしまうと、いわゆる
「返り読み」を無意識に起こすようになります。

たまに見かける英会話教材では
英語の後に立派な日本語意訳が流れてきます。

これがどのような結末を生むのか
もう分かりますよね?

つまり英語と日本語では文法ルールが真逆であるにも関わらず、
相も変わらず英語を無理矢理日本語に落とし込む、そんな事を
いつまでもしていれば「英語脳=英語のまま考える」が身に付くはずも
ありません。

しかし日本語という我々が一番得意とする言語ルールを使って、
無理矢理、英語の文法ルールに適用して英語のまま考える癖を
身につけて行く事が直訳技術です。

最初は英語のルールと真逆の日本語ルールで訳して行きますので、
とても違和感を覚えますが、あるステップを取り入れて練習すれば、

日本語をあてがうのが面倒になり英語のまま直訳してしまう箇所が
どんどんでてきます。

その最終形が・・・当たり前ですが「英語」です。

この直訳技術があれば学校で教わった英文法など分からなくても、
どんどん前から英語を捉える感覚が身に付いて行きます。

そして最終的には英語を英語のまま

理解していけるようになります。

この直訳技術を学校に取り入れて欲しいから
文科省にお伝えしたいと思うぐらい

初心者でも簡単に英語を前から
捉えて行く為に大切な技術
です。

そしてこの直訳技術に加えて音読している時により発話実感を
込めて音読してもらう為にイメージ英文法というモノを学びます。

これは例えば現在完了形(have+過去分詞)などは全てhaveしている状態。仮定法などは動詞を過去にして距離を取る形等々。

非常にシンプルにまとめられていて、学校で学んだ英文法とは
全く違いますので英文法がかえって楽しくなります。

もちろん超難解な英文構造になると厳しいですが、普通に英会話を使う
シーンでは十分すぎるぐらいの英文ルールです。

実践の英会話シーンでは使われないような無駄な英単語や英文法を
学んで宝の持ち腐れにしている人たちが非常に多いですが、
そんな無駄なことは一切排除しています。

これを身につけながら、前述した直訳技術を身につけて行けば
複雑怪奇な学校英文法などに頼らなくても、英語を英語で理解する力が
完璧に身に付きます。

4: リエゾンメソッド

続いてリエゾンメソッドです。

リエゾンとは実践の英会話シーンで非常に良く耳にする
「音」の変化のことを言います。

リンキングなどと呼ばれることもありますが、基本的に名前はどうでも
良く、大切なことは子音同士が結合したりすることで、通常我々が
期待している「音」とは違う音が英語には存在するということです。

つまり「英語独特の音」について理解していきます。

例えば、

check it outを「チェック イット アウト」とはほぼ言いません。
「チェッキリルアウ」のように変化したり、

Can I have〜を「キャン アイ ハヴ」とは言わずに、「キャナイハヴ」

と変化したり、

あるいはI want itは「アイ ウォント イット」ではなく、
「アイ ウォニット」と変化したりします。

英語を聞いている時に「何?」と思って
後でスクリプトなどを確認すると・・・

「なんだ〜、こんな簡単な事言ってたの!」

というご経験はありませんか?

それらは全てこの英語の子音同士が結合したり、脱落したりする
音の変化で僕らがイメージしている音と全く違う音
だからです。

このリエゾンやリンキングといったものを多くの人達は
ただ「聞いて」慣れようとしています。

つまりリスニングだけを何度も行おうとしていますが、
そのような受け身の方法では実はいつまで経っても聞き取れる
ようになりません(なっても非常に時間がかかります)。

実はこのリエゾンにはある程度の法則が存在します。

この法則に基づいてリスニングという受け身の方法ではなく、
特殊な音読練習を行うことで自らリエゾンの音に近い音が
出せるようになり、

相手にあなたの英語が伝わりやすくなる事はもちろん、
リスニング力も大幅に加速して上達していきます。

5: シンプルイングリッシュメソッド

そして最後に実際の英会話シーンで自ら伝えたい内容などを
シンプル化していき表現する技術
をマスターします。

実はこの方法は前述した直訳技術をマスターして「あるステップ」を
取り入れる
と例えば日本語で難しい表現を言いたい時など「意訳的」
な表現を英語でシンプルな表現に自然と変えられるようになります。

フォーカスピークではシンプルイングリッシュ変換メソッドと
名付けていますが、この技術も直訳技術の応用として体得していきます。

例えばこんな日本語を言いたいシーンがあったとします。

「めっちゃ疲れていたから、会社休んだけど、

上司がすんごい剣幕で怒り狂ってたよ」

前からザクザク、塊(チャンク)で
捉えられるようになっていると

どれだけ小難しい日本語の表現も前から
シンプルな英語で表現しようとします。

I was very tired, so I didn’t work. But my boss was very angry, and he looked like a devil!

この文章で知らない単語や文法などはあるでしょうか?
敷いて言えば最後のdevilぐらい?(ちなみに悪魔です)でしょうか。

ただこのように単語や文章がとても簡単に表現していけるようになります。

これをあるステップを使って容易にできるように練習を積んでいきます。

もちろんこの文章も実はもう少し省エネをして繋げながら
表現する方法も色々ありますが、その技術も次第に身に付いて行きます。

英語を小難しく表現しようとせずに、常にシンプルな
表現を心がけて情景描写を前からドンドン行って行きます。

実践の英会話シーンではむしろこのようにシンプルに表現していく事
の方が最終的には使える英会話に変わります。

当たり前ですが、もう英語を見る時には日本語の「意訳」を感じないよう
意図的に訓練していきますので、その逆もしかりで、日本語を見た時の
「意訳」は英語で前からシンプルに英語で表現していくようになります。

イメージ英文直訳技術から
シンプルな英語で表現する流れを

ある3ステップ方式で練習して
自分の言いたいことが瞬時に言える
ようになっていきます。

そして上記5つのメソッドを合計12のステップに分けて、

ステップバイステップ方式で1つ1つクリアにして
いきながら、

確実に3ヶ月で英語が自然と口から溢れてくる
身体(英語回路)を作り上げます。

12のステップに分かれているので、

自分が今どの程度のレベルなのか?
または後どれぐらいカリキュラムをこなせば良いのか?

など先の見えない永遠と続くような英語学習とは
全く異なります。

完璧な英会話を操ろうとしないで下さい!

– try not to be perfect –

これはとかく日本人の英語または英会話に対する姿勢にも通じますが、
スピーキングやリスニングにおいて完璧を求める事は止めます。

学校英語で英語の力量を測る為にテストでは「100点」を目指して
私たちは学んで来ました。恐らくこの100点を目指す事が完璧を
求めて行く大きな原因
だと感じていますが、実際の英語を使うシーン
ではネイティブでも完璧な英文法を使用しない事も多くあります。

あなたは完璧な日本語を操っている自信がありますか?

母国語である日本語でも完璧なモノではないのに、英語においては
どうして完璧を求めてしまうのでしょう。

英語を話す時に大枠のルールを入れ替えていてはダメですが、
(例えば日本語のように英語をあてがうケース。
EX:学校に行くんだよ。と言いたくて焦りから、school, ah, goの
ように言ってしまう。これではそもそも英語ではありませんが)

前置詞や冠詞、名詞の単複などまでパーフェクトにする事は
捨てましょう。

学校英語で言えば100点の英語ではなく、70点ぐらいを目指す
気持ち
で100点取れなかったから落ち込むのではなく、70点でも
どんどん聞いて、話して行く
マインドです。

フォーカスピークを一人ひとりに最適な
完全オーダーメイド個別指導で!

これまでお伝えした通り、フォーカスピークのメソッドをあなたのレベルに合った対応で完全オーダーメイドの個別指導で対応します。

一人一人、ここまで培っている英語力や生活環境など千差万別です。

フォーカスピークノウハウを合計12のステップに分けて、1つ1つ
ステップバイステップ方式であなたに最適なオーダーメイド個別指導で
対応します。

これを僕自身または実際にトレーニングを積んで来た
講師と共にお届けします。

僕や山本もそうですが、他の講師達も同様に「大人になってから
英会話をマスターするのに色々な試行錯誤を自らしてきた人間」です。

そのような試行錯誤をしてきたからこそ
英会話ができないあなたを英会話マスターへと
導く自信があるのです。

なぜなら、お気持ちがとても良く分かるし、

あなたがどうして英会話でつまづいてきた
のかも瞬時に分かる
からです。

外国人先生のように日本語から英語を学んだという経験が
無ければその気持ちやつまづきも分からないでしょう。

あるいは帰国子女のような講師だと同様に僕らと英会話を
マスターしてきた前提条件(幼少期に外国にいた事など)が
全く違いますので参考になりません。

通訳学校に通っていたような「英語マスター」のような人達に
ついても同様です。

どこかの偉い英語教授法に精通したような「元々凄い頭の良い人」
が教えるわけでもありません。

どうしても大人になってから試行錯誤して取り組んで英会話を
マスターして来た人間でないとご質問対応1つとっても対応は
出来ないと思っています。

そんな僕や他の講師達があなたに3ヶ月で英語が口から溢れてくる状態へ
導くために前述したフォーカスピーク5つのメソッドを使いながら
12のステップをステップバイステップ方式で指導していきます。

3か月で終えたい人は7日に1度のペースで1つのステップをクリアに
していき、4か月で終えたい人は10日に1ステップ、5ヶ月で終えたい人は
13日に1ステップ、6ヶ月で終えたい人は15日に1ステップを
クリアしていけるので

あなたがどれだけお忙しい方でも挫折させずに
余裕を持って取り組める内容に配慮しています。

そして12ステップをクリアしていく個別指導の方法には
あなたに合わせた3つのパターンがあります。

1:メール音声個別指導コース
2:ビデオ映像個別指導コース
3:対面オンライン個別指導コース

*コース詳細はこちらのHP最後の方に出ています。
http://focuspeak.jp/focuspeak/

しかしこれらの個別指導コースは個別に対応するという
特徴からいつでも参加できるわけではありません。

こちらで講師陣のスケジュール調整などを行いながら
期間限定を設けて募集をしている状態です。

*ご興味のある方は別途お問い合わせよりお知らせください。

そんな中で独学でも良いから実践してみたい!
というお声をおかげさまで大変多くいただくようになりました。

そこで講師陣とも打ち合わせをして、
個別指導という形態は取らない代わりに

ご質問があった場合は無制限対応しよう
ということで一致しました。

教材だけを送って後はほったらかし・・・

というやり方では我々は納得できません。

ご質問に無制限対応するということは
個別に起きるご質問に無制限で対応しますので
メールで個別指導されているのと近い環境を
作り出せます。

そして個別指導よりも料金を抑えて、いつでも
ご参加可能な独学マスターコースを新設しました。

fs-course-4-banner-self

フォーカスピークは独学でも出来るように設計されています。

もしあなたが個別指導ではなく自由に実践されたいのであれば
独学コースをご選択下さい。

12のステップをクリアしていく課題への個別指導は行いませんが、
前述した通りカリキュラムを進めて行く中で分からない事など
どんな些細な事にもご質問対応は無制限で行います。

そしてフォーカスピークは全コース共通(メール音声個別・ビデオ映像個別・
オンライン個別・独学コース)で以下のテキストが送られてきます。

フォーカスピーク冊子マニュアル
フォーカスピーク12ステップ冊子テキスト
フォーカスピーク冊子PDFマニュアルデータ
フォーカスピーク12ステップPDFテキストデータ
フォーカスピークポイント解説音声CD
フォーカスピークポイント解説DVD
フォーカスピークトレーニング用市販教材A
フォーカスピークトレーニング用市販教材B
フォーカスピークトレーニング用市販教材C

こちらのテキストに記載されている詳細なノウハウで実践を行い、
それぞれのコースに合った方法で12のステップ課題をこなして提出する、
または独学で実践をしながら不明点は質問していくようにして下さい。

昨今はインターネットの普及でパソコン上の動画などで学習するケースも
多いですが、あえて冊子というテキスト送付にこだわっています。

パソコン上の動画は便利ではありますが、やった気になっても頭に
残らないという難点が様々な教材ツールを分析した結果です。

もちろんフォーカスピークでもパソコン上の動画も一部使用しますが、
それはあくまでも補助教材としての役割であり冊子テキストを
中心に実践していきます。

テキスト形式だからこそ集中力も増していき、3ヶ月で英語が口から
自然と溢れて来るあの感覚を手に入れる事ができるのです。

フォーカスピークテキストの一部をご紹介しますと・・・

・ 英語学習を継続させるある5つの習慣とは?
・ 英会話がマスターできない人の共通点とは?
・ 3ヶ月で英語が口から溢れて来る仕組みとは?
・ 学校英文法に頼らないイメージ英文直訳とは?
・ 直訳技術をマスターする為に必要な3ステップ
・ 英語を英語で理解する為のトレーニング要素とは?
・ 慣性の時間法則をマスターすれば何でも成し遂げられる!
・ 特殊な音読を採用する理由とは?
・ 特殊な音読の秒数の差が表す意味とは?
・ 特殊な音読3ステップで英語が口から溢れてくる理由
・ 英語の発音が劇的に上達する簡単実践法
・ 英語の発音が上達する事で得られる最大のメリット
・ リエゾンを独特な音読法で行う効果とは?
・ リエゾンには法則があった?
・ どんな日本語もシンプルな英語表現に変換する方法とは?
・ シンプルイングリッシュに変換するステップとは?
・ 膨大な市販テキストの中から選ばれた3冊の補助教材の理由

*これらの内容はほんの一部です。

さらに!トレーニング用として使用する3つの
市販教材は英語回路トレーニング開発時に

述べ137冊をカテゴリー分けして徹底的に検証し
選択・厳選
した中からフォーカスピーク用に
3冊厳選
されたモノです。

フォーカスピークを実践するときに必要なもの

フォーカスピークカリキュラムにのっとって、
この3冊だけに集中してマスターするだけ
なので非常に効率良く実践できるのです。

フォーカスピークを実践する時に必要なモノ
 パソコンまたはスマートフォン(個人のモノでなくてもOKです)
  音声マイク(500円ぐらいの安いものでOKです)
 CDを再生できる機器(CDウォークマン等安いもので十分です)
 キッチンタイマー(タイマー機能があれば何でもOKです)

*パソコンやスマートフォン、音声マイクはフォーカスピークを実践する上では
必要となりませんが、個別指導を受ける場合には必要となります。

フォーカスピークに向かない人

誰でも参加できると言えばより多くの人達に参加してもらえるかも
知れませんが、フォーカスピークでは以下のような人には向かない
カリキュラムである事はここでしっかりお伝えします。

1:英会話はパーフェクトでなければならないという方

前述しましたが、フォーカスピークに向かない人もいらっしゃいます。
それは英会話をパーフェクトに操ろうというマインドしかない人です。
それではいつまでたっても英語が自然と口から溢れてくるようになりません。

2:学校英文法が好きな方

また学校英文法が好きな人にも向きません。
英語回路トレーニングでは一部学校英文法も導入していますが、
フォーカスピークではそれらの勉強要素は一切排除しています。

学校英文法をしっかり学びたい人には向いていません。

3:TOEICやTOEFLなどで高得点を目指したい方

実はフォーカスピークのカリキュラムはTOEICレベルで言えば700点台ぐらいは
十分目指せます。ただしカリキュラムではそこが目的ではありません。

どれだけTOEICの点数が取れなくても英語を口から自然と溢れて来る
状態で外国人とどんどんコミュニケーションが取れるようになる事が目的です。

よってTOEICやTOEFLなどの公的試験で高得点を目指したい方には
向いていません。

よろしいでしょうか?

もし上記のような方ではなく、3ヶ月で英語が口から自然と溢れて来る
あの感覚を味わいたいという場合はフォーカスピークのカリキュラムに
是非ご参加下さい!

ただし、まだ参加費を払うかどうかは
決めないで下さい!

つまり金銭的な事でせっかくの英会話という素晴らしい世界への道を
閉ざして欲しくはありませんし、ノウハウには絶対的な自信がありますので、
あなたのペースで3ヶ月あるいは6ヶ月実践して何の効果も無いと思ったら
お知らせ下さい。

fs-return-policy

一応ノウハウコレクターのような方にはご参加して欲しくはありませんので、
実践された内容が分かるノートの画像や実践した音声などの一部を送付頂ければ
5営業日以内にご指定の銀行口座宛までご返金対応をいたします。

なるべくあなたにリスクを背負わせずに英語が口から自然と溢れて来る
あの感覚を味わって欲しくて付けた保証です。

これであなたはノーリスクです。

3ヶ月後に英語が口から溢れて来るあの感覚を得たら直ぐにリアルな英会話シーンへと飛び出して下さい。世の中にはそのような機会が溢れています。

外国人を見たら避けていた自分とはもうお別れです。

外国人が集まる場所へ行ってみる、海外へ飛び出してみる、
スカイプ英会話などを利用してみる・・・

外国人と英語で自由に自分の意志を表現できるあの快感は実際に
体験しないと分からないと思います。

是非その体験を一人でも多くの人達に味わって欲しいと願っています!

fs-banner-fee

それではフォーカスピークの参加費用ですが、
このカリキュラムを作る為にかかった金銭的コストや
時間的コストを考えると決して安売りはできません。

ちなみに英会話スクールでもコースによりますが、
最初に安い金額を提示しておきながら、
最終的に年間30万円~50万円ぐらいはかかります。

また独学で行う聞き流す系の教材で
最終的には20万円ぐらいかかります。

これまでお伝えした通り、
聞き流すだけで英語を話せるようになるのは
非常に厳しいと言わざるをえません。

聞き流す系教材以上に成果を出せる絶対的な自信は
ありますので同じく20万円の参加費用を提示しても
フェアだと思っています。

それでは20万円~50万円もの参加費用を
出さないと英会話はマスター出来ないのでしょうか?

いえいえ、それは違います。

それでは聞き流す系の半額で10万円?

いえいえ、それも高すぎます。

それでは5万円?

いいえ、無理のない価格として
一括払い定価:35,000円(税込)
させていただきます。

また一括払いが難しい場合は
クレジットカード決済のみ受付する形で
若干割高とはなりますが、

分割払い定価:3回払い:12,000円 X 3回
分割払い定価:6回払い:6,300円 X 6回

という分割払いもご用意しています。

ただし!3つの個別指導コース用に
取り寄せている教材の在庫がある場合に限り、

一括払い特別価格:29,800円(税込)
でご提供します。

定価と同様に一括払いが難しい場合は
分割払いもご用意しています。

分割特別価格:3回払い 10,500円(税込)x 3回
分割特別価格:6回払い 5,500円(税込)x 6回


今月の独学マスターコース用在庫残り:3セット

<以下ご注意ください!>

上記在庫状況により特別価格は予告なしに変更します。
上記に特別価格が表示されている状態の場合は
特別価格は保証しますのでご安心ください。

特別価格の横が空欄で価格提示がされていない場合と
今月分の独学マスターコース用在庫残りがゼロになっている場合は
定価(35,000円)となります
ので予めご了承ください。

*次にHPを見た時には価格が定価に戻っている
可能性もございますのでお早目のご参加
をオススメします。

*別途送料が全国一律500円かかります(日本国内)。
分割払いは既に送料込みの価格となっております。

*海外発送をご希望の場合は送料は
お申込み後に実費をいただいております。

定価はもちろんですが、特別価格でも高いと感じるなら
決して無理に申し込む必要はありません。

ただ、もし “金銭的なことだけ” があなたを不安にしているなら・・・

繰り返しますが、独学コース費用を払うかどうかは
まだ決めないで下さい!

fs-return-policy1

*ご注意:前述しましたが一応ノウハウコレクターのような方にはお申込み
して欲しくはありませんので、実践された内容が分かるノートの画像や実践した音声などの一部を送付頂ければ5営業日以内にご指定の銀行口座宛まで
ご返金対応
をいたします。

上記の内容をご理解いただけましたら、以下のステップでご参加下さい。

fs-banner-step

ステップ1:以下のご参加窓口からご希望の支払い方法を選択して下さい。
ステップ2:ご参加に必要な情報(テキスト送付先等)をご入力下さい。
ステップ3:テキスト教材一式到着
ステップ4:フォーカスピーク事前準備(12日間)
ステップ5:フォーカスピークを3ヶ月実践!
ステップ6:リアルな英会話シーンへ飛び立つ!

fs-banner-window

一括でのお支払いはクレジットカード・代金引換便・銀行振込みの3つで
対応します(銀行振込みの手数料はご負担願います)。

分割(月均等3回 or 6回)払いはクレジットカードのみ対応します。
分割クレジットカード払いの場合はお申込み日から起算して約30ごとに
月額費用がそれぞれ3回 or 6回均等に課金されます。

下記クレジットカードがご利用いただけます。

fs-credit-card

弊社ではお客様の個人情報保護を最優先に考えておりますので、カード決済は弊社へお客様のクレジットカード番号が伝わらない、アナザーレーンというクレジットカード決済会社を利用しています。弊社にクレジットカード番号が伝わることはありませんし、高度なSSL暗号通信により安全にカード決済が可能です。

以下のクレジット決済ご参加ボタンを押すとアナザーレーンの決済画面が表示されますので必要事項を入力していただき、確認ボタンを押すとSSL暗号通信(入力画面ページのURLの最初がhttpsと記載されているHPはセキュリティーがかかっており情報は暗号化されて送信されるという意味です)でセキュリティーのために情報の暗号化を行って決済が正常に進みます。その後アナザーレーンからご登録されたメールアドレス宛てに決済内容を確認するメールが自動返信で送られてきます。

銀行振込でのお支払いの場合はご参加費用は一括にてお願いいたします。(その分、割引にも対応しています。)

以下の銀行振込ご参加ボタンを押してご参加に必要な情報(テキスト送付先住所等)を入力して送信ボタンを押すとSSL暗号通信(入力画面ページのURLの最初がhttpsと記載されHPはセキュリティーがかかっており情報は暗号化されて送信されるという意味です)でセキュリティーのために情報の暗号化を行って情報を弊社まで届けます。その後、自動返信メールにて弊社の銀行口座情報をお届けします。

そちらへご参加費用をメールに記載されている期日までにお振込願います。


fs-self-banner-lumpfs-button-1b
fs-button-3b
fs-button-2b


fs-self-banner-creditfs-button-1c
fs-button-1d

 

よくあるご質問

パソコンスキルが低いのですが・・・
パソコンスキルが低くても構いません。
メールをやり取りするレベルのスキルさえあればまず問題ないです。
英語学習未経験なのですが?
5つのメソッッドを使って12のステップを分かりやすくステップバイステップ方式で実践していくように設計されていますのでご安心ください。

また12のステップをこなしていくテキストと5つのメソッドのテキストは分けておりますのでより分かりやすく実践できるはずです。
英語学習が予定通り進まなくても大丈夫ですか?
もちろん大丈夫です。個人の事情によりフォーカスピーク各コースの進捗が
遅れる場合は、セッション(メール・動画・オンライン)の対応を最長
1年間まで無償で行います。

事情によっては更に無償で延長対応は行いますが、余程の事情が無い限り、
フォーカスピークは6ヶ月以上かけるものではありません。

早く身に付けて実践の場に出ていく事が大切です。
またセッション以外でもメールにて無制限のご質問対応を行なっています。

フォーカスピーク終了後も生涯メールにてご質問等は受け付けます。

一度でも弊社サービスを提供したらそれで終わりとせず、生涯お付き合い
していく所存です。
TOEICやTOEFLで高得点は取れますか?
フォーカスピークのカリキュラムはTOEICレベルで言えば700点台ぐらい
は十分目指せます。ただしカリキュラムではそこが目的ではありません。

どれだけTOEICの点数が取れなくても英語を口から自然と溢れて来る状態で
外国人とどんどんコミュニケーションが取れるようになる事が目的です。

よってTOEICやTOEFLなどの公的試験で高得点を目指したい方には向いて
いません。
フォーカスピークのメソッドが自分に合わなかったら?
マニュアルにも記載していますが、ノウハウコレクターのような方には
ご参加して欲しくはありませんので、退会・返金を希望される場合は、

実践された内容が分かるノートの画像や実践した音声などの一部を送付頂け
れば5営業日以内にご指定の銀行口座宛までご返金対応をいたします。

フォーカスピークの全額返金制度は、なるべくあなたにリスクを背負わせずに
英語が口から自然と溢れて来るあの感覚を味わって欲しくて付けた保証です。
各コースの参加費用が高いのですが・・・
フォーカスピークは英語回路トレーニングをシンプルに簡素化し、
スピーキングのみに特化したカリキュラムですが、コース開始までに行った

モニターテストの人件費や各種テキスト選定、仕組み(オンライン)として
提供するインフラ調査の費用など総額で200万円以上のコストをかけています。

個別管理・カスタマイズ対応するために単なる英会話教材、英会話スクール、
スカイプ英会話等とは全く異なります。

さらに英会話をマスターして得られる世界のリターンを考えればこの参加費用は
格安だと理解してほしいのが我々の本音です。

英会話をマスターするために支払う参加費用の価値は人それぞれだと思いますが、
参加費用のことだけで一歩踏み出せずに可能性を潰して欲しくないため、
前述した全額返金保証制度を設けています。

個別指導ではなく、ここでは独学マスターコースで参加費用をなるべく抑える
ような料金設定も提示しています。
還暦を過ぎていますが発音はうまくなりますか?
なります。ある年齢を過ぎると発音は上手にならないと信じている人も
いますが、適切な練習をするとネィティブスピーカーに近い発声が出来るように
なります。

フォーカスピークでは英語回路トレーニングでも採用されているある独特な
発音教材を採用して発音力を上げる事も行います。

もちろんネイティブと同等の発音力を目指すのではなく、あくまでもネイティブに通じる発音力を手に入れる事が目的です。
英語やり直し組みなので不安です・・・
はい、問題ありません。フォーカスピークだけに限らず、英語回路
トレーニングでも参加者の多くは「英語やり直し組み」です。

いわゆる英語学習の堂々巡りですね。

言語学習の習得は様々な要因が複雑に絡み合っているのでどれをもって
「習得」できたと定義づけるのは非常に難しいのが現状です。しかしながら、
主な原因はいくつか特定できています。

そのうちの3つが「継続」「習慣化」そして「集中」です。

フォーカスピークでのカリキュラムでは最初にこの3つの要因について
学んでいきますので安心してください。
海外在住なのですが、フォーカスピークに参加できますか?
もちろんです。全てのコースは海外からでも受講できます
(独学コースの教材の海外発送費用だけは別途掛かります)。

海外に長く住んでいても英語が全然話せない人は多くいます。

ここオーストラリアも例外ではありません。

周りを見渡せば、アウトプットできる環境が整っているのにも関わらずです。

フォーカスピークをインプットとし即アウトプットできる環境がある
海外在住の方は、学習成果を感じるスピードはかなり早くなります。
半年後に海外旅行に行くのですが、間に合いますか?
フォーカスピークはやる事を絞っていますので、期間も3ヶ月
(厳密に言うとフォーカスピークのカリキュラムを行う前に12日間程

ある準備をする必要はあります)、あれば十分です。

最長でも倍の6ヶ月あればまず間違いないと思っていますので、その場合の
慣性の時間法則も念のため用意しています。

是非とも海外旅行でフォーカスピークの成果を体感してください。
ご感想お待ちしております。

その他ご不明点がございましたらどんな些細な事でも
お問い合わせよりお知らせ下さい!

推薦人の声

・Beverly J. Kracher, 教授

fs-testmonial-photo1

Creighton University Graduate School MBA Program
Professor of Business Ethics and Society

Professor Kracher氏は
Creighton University Graduate School MBA Program
においてBusiness Ethics and Societyクラスを担当。

大学院の教授とは思えないファンキー&フレンドリーな雰囲気で多くの学生を魅了している。

調子はどうですか?GLJ GROUPとして新たな事業がスタートするそうね。志が同じ仲間と仕事ができるというのはとても素晴らしいことだわ。ティームワークだけは忘れずに。成功をお祈りしています!

・Lei-da Chen准教授

fs-testmonial-photo2

Creighton University Graduate School MBA Program
Associate Professor of Business Intelligence and Analytics

Associate Professor Chen氏は
Creighton University Graduate School MBA Program
においてBusiness Intelligence and Analyticsクラスを担当。

E-CommerceやMobile Wireless commerceに精通しており、Information Technologyにおける彼の授業は非常に分かりやすく多くの学生から支持を得ている。

ビジネス頑張っているようですね。SOの奮闘ぶりを近くで見ていた時に凄いパワーの持ち主だと感じていました。きっと新規事業でもそのパワーを発揮しているのでしょう。困っている仲間がいればバックアップして、頑張ってください!

・山本 総(GLJ GROUP 代表取締役CEO)

fs-testmonial-photo3

実業家&投資家&経営コンサルタント
GLJ GROUP 代表取締役CEO
アントレック(起業支援事業)代表
株式会社フォワード 社外顧問
Creighton University Graduate School(経営大学院)卒業
経営学修士(MBA)
米国NLP協会認定NLPマスタープラクティショナー
KDDI協業スマビ事業 社長参謀アドバイザー
経済産業省後援事業ドリームゲート認定専門家
安田さんのクライアントさん達とスカイプ面談を実施してその英会話の上達っぷりに驚きました。GLJ英語学院の事業を委ねる以前から安田さんが温めていたこのフォーカスピークはどの英語学習よりもシンプルに構成され、更に余計なぜい肉を全てそぎ落とし、実践での英語のみに一点集中する。これぞまさしく「フォーカスピーク 」の名に相応しいカリキュラムと言えますよ。

・峰 隆之(個別指導英会話スクール運営 代表)

fs-testmonial-photo4

GLJ英語学院認定 英語回路トレーナー

英語回路トレーニングを受けた後に地元エリアに特化して
主にビジネスマン向けに個別指導英会話教室を運営し、
オンライン上でも人数を限定して英会話個別指導を行っている。

フォーカスピークのカリキュラム拝見しました。英語回路トレーニングが研磨され更に磨きがかかった内容ですね。英語回路の本質をついに見極めましたね。やはり発音・音読・直訳に辿り着くんですよね。英語回路トレーナーとして何かお手伝いできることがありましたらいつでも連絡ください。

・竹内 直子(げんきシニア英語教室 代表)

fs-testmonial-photo5

GLJ英語学院認定 英語回路トレーナー

英語回路トレーニング法をシニア向けにアレンジして
地元でシニアだけを対象に個別英語指導を行う。

女性のきめ細やかな対応がシニア層から絶大な信頼を得ている。

ご連絡を頂き、驚きました!安田さんが英語回路トレーニングをこういった形にアレンジするなんて思ってもみませんでした。このシンプル過ぎるくらいのカリキュラムに仕上がったフォーカスピークを実践すれば、英語初心者のシニア層でも十分英語力がつきますね。間違いありません。
お客様の声

それではフォーカスピークを実践された方々の声をお聞き下さい。

*個人情報保護法に基づき名前公開の確認を取らせていただいた方のみ
お名前を公開させていただいております。

(今回掲載出来なかった皆様、毎日たくさんの感謝メールをありがとうございます。全てに返事は出来ていませんが、全てに目は通しています。この場をお借りして御礼申し上げます)

(千葉県 野田市 川崎さん 28歳)
fs-voice-photo1フォーカスピークにもっと早く出会っていれば良かったと後悔しています。でも今ではフォーカスピークの音読・直訳トレーニングを上手く利用して英会話スクールで成果を出しています。

 

(福岡県 福岡市 西川さん 30歳)
fs-voice-photo2ある時ニュージーランドの交換留学生と知り合うきっかけがありまして。当時、某英会話スクールに通っていたので英語には少しは自信があったのですが、全く通じないし言えば何度も聞き返されるし・・・

自分の英語レベルにショックを受けました。そんな時ですよね。フォーカスピークに出会ったのは。音読セットや直訳のトレーニングなんて他のどの先生からも教わったことないし。ビックリでした。今ではニュージーランドの交換留学生は帰ってしまいましたが、ネット電話で問題なくやり取りしています!ありがとうございました。

 

(滋賀県 米原市 加藤さん 26歳)
fs-voice-photo3以前短期留学してTOEIC対策をしていましたけど、頭に入っていかなくて。帰国後フォーカスピークに出会い発音・音読に一点集中することでもっと楽しく英語に向き合えるようになりました。

結果、今ではTOEICだけでなくMBAに挑戦してみようかというレベルになっています。

 

(島根県 松江市 古賀さん 51歳)
fs-voice-photo4正直に話しますと、フォーカスピークを始めた当初、「英語を英語のまま理解」の意味が分かりませんでした。しかし、イメージ化英文法や直訳技術メソッドを繰り返していくうちに、いつの間にか「英語を英語のまま考える」ようになりました。

その時初めて、「こういうことだったのか!」と思い、今では日本語意訳は全く見ないですね。「英語」なんで当たり前ですが(笑)

 

(愛知県 名古屋市 M ・Tさん 48歳)
fs-voice-photo5以前アメリカでは知らない土地にだれも知り合いがいなく、周りの日本人は皆若くてあまり交流もしてくれない状況でした。今は帰国して順調に英会話力を活かして貿易関係の仕事をしています。

フォーカスピークを実践したおかげで毎日英語に携わることができています。ありがとうございました。

 

(東京都 青梅市 今西さん 32歳)
fs-voice-photo5仕事以外に漠然とやる事が見つからなくて、留学でもしようかなと思っていてたら偶然フォーカスピークを見つけました。英語なんて全く初心者だったのですが、カリキュラムを終えた今では、漠然と考えていた留学への目標がどんどん見えてきました。

留学中にも達成したいことがどんどん出てきました。それだけ自分に自信がついたのかもしれません。

 

(岡山県 倉敷市 内藤さん 45歳)
fs-voice-photo4英会話教室に通ったり、英語の教材を買いまくっていましたけど、何にも効果がありませんでした。特に海外へ行きたいとか夢があったわけではないのですが、英会話ができれば外人と話せるし、2020年にはオリンピックもあるしと思っていました。

最近は外人の友達が少しずつ増えてきて、アウトプットの場が広がっています。日本で英語を話すなんて想像もしていなかったので、フォーカスピークには本当に感謝しています。

 

(埼玉県 所沢市 熊野さん 37歳)
fs-voice-photo4中堅の外資系企業で働いています。少し前に部署異動があり、もちろん会議中も英語です。少しは英語ができると上司に評価されて異動したんですけど、実際は全然駄目で焦りました。それからは毎日英語漬けの日々でした。

通勤電車でも買った教材をずっと聞いて、クタクタに家に帰ってからも英語の勉強をしていまし。しかし思ったように話せないし、なかなか英語が聞きとれなかったんです。「留学でもしなくちゃ無理だ」と思ってたんですが、その前にフォーカスピークを試したんです・・・・・・

今では会議でも英語で積極的に意見できるようにもなりました。結果、留学しないで英会話のレベルをアップすることができました。仕事も生活充実しています。

 

(群馬県 高崎市 岡本さん 63歳)
fs-voice-photo5もう一通りカリキュラムを終えましたが、発音筋肉トレーニングのジングルズは今でも続けています。なんかこのトレーニングを続けていないとあっという間に日本語の口の筋肉に戻ってしまいそうで・・・

毎日の筋トレのおかげで、英語を発音する時に口がスムーズに動きます。

 

(東京都 板橋区 O ・K さん 41歳)
fs-voice-photo4フォーカスピーク参加募集のメールが来てカリキュラムの内容を見て、即断即決でした。今までずっと英語学習の方法が腑に落ちなかったのですが、フォーカスピークはスッと受け入れることができたんです。

恐らくですが、継続可能なシンプルなカリキュラムだからだと思います。発音・音読・直訳の3つだけしかフォーカスしないなんてあり得ないですよね(笑)メソッド6のシンプルイングリッシュは楽し過ぎます!もっと例題を増やしてください~

 

fs-banner-window

一括でのお支払いはクレジットカード・代金引換便・銀行振込みの3つで
対応します(銀行振込みの手数料はご負担願います)。

分割(月均等3回 or 6回)払いはクレジットカードのみ対応します。
分割クレジットカード払いの場合はお申込み日から起算して約30ごとに
月額費用がそれぞれ3回 or 6回均等に課金されます。

下記クレジットカードがご利用いただけます。

fs-credit-card

弊社ではお客様の個人情報保護を最優先に考えておりますので、カード決済は弊社へお客様のクレジットカード番号が伝わらない、アナザーレーンというクレジットカード決済会社を利用しています。弊社にクレジットカード番号が伝わることはありませんし、高度なSSL暗号通信により安全にカード決済が可能です。

以下のクレジット決済ご参加ボタンを押すとアナザーレーンの決済画面が表示されますので必要事項を入力していただき、確認ボタンを押すとSSL暗号通信(入力画面ページのURLの最初がhttpsと記載されているHPはセキュリティーがかかっており情報は暗号化されて送信されるという意味です)でセキュリティーのために情報の暗号化を行って決済が正常に進みます。その後アナザーレーンからご登録されたメールアドレス宛てに決済内容を確認するメールが自動返信で送られてきます。

銀行振込でのお支払いの場合はご参加費用は一括にてお願いいたします。(その分、割引にも対応しています。)

以下の銀行振込ご参加ボタンを押してご参加に必要な情報(テキスト送付先住所等)を入力して送信ボタンを押すとSSL暗号通信(入力画面ページのURLの最初がhttpsと記載されHPはセキュリティーがかかっており情報は暗号化されて送信されるという意味です)でセキュリティーのために情報の暗号化を行って情報を弊社まで届けます。その後、自動返信メールにて弊社の銀行口座情報をお届けします。

そちらへご参加費用をメールに記載されている期日までにお振込願います。


fs-self-banner-lumpfs-button-1b
fs-button-3b
fs-button-2b


fs-self-banner-creditfs-button-1c
fs-button-1d

 


追伸:


1日20分から始めて3ヶ月後には英語が口から溢れて来る
あの感覚をどうしても味わってもらいたい・・・

英語回路トレーニングを提供している山本も過去に留学先で出合った
独学で英会話をマスターするノウハウがきっかけで人生が豊かに
変わっていきました。

僕も英語回路トレーニングと出合いその中のフォーカスピーク要素の
ノウハウと出合い人生が豊かに変わっていきました。

たかが1つの英会話ノウハウとの出合いで人生が豊かになったからこそ
あなたにとってフォーカスピークが僕や山本と同様に人生が少なくとも
今より少しでも豊かになるきっかけとなればこれ程嬉しい事はありません。

最後に僕から動画であなたへメッセージを御届けします。

代表者プロフィール

GLJ英語学院代表 安田正輝(オーストラリア在住)

fs-profile-photoオーストラリア在住中に英会話ができずに路頭に迷っていた時、英語回路トレーニングのスピーキング力を上げる事にだけ特化したカリキュラ ムを実践する。

そこからオーストラリアでの生活が切り開け、各種資格取得や学校への入学・卒業、更に念願だった商社の仕事を得て永住権を獲得するまでに至る。

現在はオーストラリアで自ら会社を起こし、オーストラリア生活を切り開いてきた英会話速習メソッドである「フォーカスピーク」の普及に努めなが らGLJ英語学院の代表やビジネスコーチなども兼務している。

【出身・所属等】
Australian College of Technology
– Diploma of IT (Business Analysis) 卒業
Central Queensland University (Sydney Campus)
– Bachelor of IT (Informatics & Communication) 卒業
シークウェイズグローバル代表
GLJ英語学院代表

【肩書き・資格等】
GLJ英語学院認定 英語回路トレーナー
教育ITコンサルタント
GLJ GROUP Product Manager
自由ライフビジネスコーチ

fs-banner-window

一括でのお支払いはクレジットカード・代金引換便・銀行振込みの3つで
対応します(銀行振込みの手数料はご負担願います)。

分割(月均等3回 or 6回)払いはクレジットカードのみ対応します。
分割クレジットカード払いの場合はお申込み日から起算して約30ごとに
月額費用がそれぞれ3回 or 6回均等に課金されます。

下記クレジットカードがご利用いただけます。

fs-credit-card

弊社ではお客様の個人情報保護を最優先に考えておりますので、カード決済は弊社へお客様のクレジットカード番号が伝わらない、アナザーレーンというクレジットカード決済会社を利用しています。弊社にクレジットカード番号が伝わることはありませんし、高度なSSL暗号通信により安全にカード決済が可能です。

以下のクレジット決済ご参加ボタンを押すとアナザーレーンの決済画面が表示されますので必要事項を入力していただき、確認ボタンを押すとSSL暗号通信(入力画面ページのURLの最初がhttpsと記載されているHPはセキュリティーがかかっており情報は暗号化されて送信されるという意味です)でセキュリティーのために情報の暗号化を行って決済が正常に進みます。その後アナザーレーンからご登録されたメールアドレス宛てに決済内容を確認するメールが自動返信で送られてきます。

銀行振込でのお支払いの場合はご参加費用は一括にてお願いいたします。(その分、割引にも対応しています。)

以下の銀行振込ご参加ボタンを押してご参加に必要な情報(テキスト送付先住所等)を入力して送信ボタンを押すとSSL暗号通信(入力画面ページのURLの最初がhttpsと記載されHPはセキュリティーがかかっており情報は暗号化されて送信されるという意味です)でセキュリティーのために情報の暗号化を行って情報を弊社まで届けます。その後、自動返信メールにて弊社の銀行口座情報をお届けします。

そちらへご参加費用をメールに記載されている期日までにお振込願います。


fs-self-banner-lumpfs-button-1b
fs-button-3b
fs-button-2b


fs-self-banner-creditfs-button-1c
fs-button-1d

 

スピーキング博士の
毎日届くメルマガ
忙しいあなたにとっておき!
毎日1分の英語スピーキング習慣で
英語が
「自然と口から溢れ出す感覚」
を身につけよう!
詳細はこちら
英語上達の鉄板
・365ヶ条・


1日30秒で学ぶ英語上達の極意を
365日毎日無料メールでお届け!
英語上達への気付きや英語学習の
方法、重要英単語のコアや
英文イメージ化等が簡単理解で
無料にて毎日学べます。
是非ご利用下さい!
登録はこちら
英会話上達に挫折する
3つの理由


中学・高校と6年間英語を学んで
いるのに実践で英語を使うことが
出来る人はほんのひとにぎり。
なぜでしょうか?

中には受験英語で膨大な数の
英単語や構文を暗記し、文法を
学んでいる人もいますが、実践で
英語が思うように使えません。
なぜでしょうか?

留学といった素晴らしい
実践の環境に飛び込んでいるのに
実践で英語が使えない人もいる。
なぜでしょうか?
その理由を知る
実践で使う
英会話表現