■ 実践の英会話表現━━━━━━・・・・・‥‥‥…

実践の英会話シーンで使われる表現です。

<本日のお題:まだ先の話だよ>

Dad, can we travel to Mars?

(パパ、火星に旅行できるの?)

Well, it’s not happening anytime soon.

(そうだね、まだ先の話だよ)

<1点集中ポイント:it’s not happening
anytime soon.>

not happeningは起こらない
ということで理解できると思います。

anytime soonはどんな時、直ぐ
という状況から、

「近い将来」あるいは「近いうちに」
という意味で捉えられます。

つまり「それは起こらない、
近いうちに」というのが直訳ですね。

そこから「まだ先の話だ」
というイメージで使われます。

仮にanytime soonが使われない
場合は完全に「起こらない」という
否定になります。

anytime soonを使うことに
よって可能性はあるけど、

近い将来に起こることはない
という意味が付加される感じです。

■ 実践英会話のボキャビル━━━━━━・・・・・‥‥‥…

実践の英会話表現で使われた重要な
英単語・熟語を英語で理解してみましょう!

=it’s not happening
anytime soon.=

「it’s not about to happen near future」

(それは近い将来には起こらない)

<1点集中ポイント:it’s not happening
anytime soon.の意味を捉える>