■ 実践の英会話表現━━━━━━・・・・・‥‥‥…

実践の英会話シーンで使われる表現です。

<本日のお題:万全の準備をしろ>

OK, all set. We can leave whenever we want.
We’ll arrive there around noon.

(よし、準備できた。いつでも好きな
時に出発できるよ。正午には到着する)

All set? What about traffic?
What if it’s bad or something,
you should plan for the worst.

(準備できた?交通状況は?
もし交通渋滞なんかあったら?
万全の準備をしたほうが良いよ)

<1点集中ポイント:Plan for the worst>

そのまま訳すと、

「計画しなさい、
最悪の出来事に向けて」

という意味ですね。

つまり最悪の出来事も考慮に入れて
計画を作成するということですが、

何があってもいいように
万全の体制を整える、

あるいは万全の策を練っておく
時に使われます。

日本でいうところの、
「備えあれば憂いなし」
に近いイメージですね。

もちろんそのように飛躍した
意味で使わなくても、

単純に「最悪の状況に備えろ」
という意味で使われることも
多々あります。

■ 実践英会話のボキャビル━━━━━━・・・・・‥‥‥…

実践の英会話表現で使われた重要な
英単語・熟語を英語で理解してみましょう!

=plan for the worst=

「make sure you are ready for disaster」

(災難に備えていることを確認しなさい)

<1点集中ポイント:plan for the worst
の意味を英語で捉える>