■ 実践の英会話表現━━━━━━・・・・・‥‥‥…

実践の英会話シーンで使われる表現です。

<本日のお題:耐えられるならね>

Are you gonna jog five kilometers a day?

(1日に5キロもジョギングするつもり?)

Yeah, it’s good for health.
If I can stomach it.

(あー、健康に良いよ。
それに耐えられるならね)

<1点集中ポイント:If I can stomach it.>

stomachは「腹」という名詞で
有名な意味があります。

同様に動詞として「食べる」
「我慢する」という意味も
持ち合わせています。

今回の例文では「我慢する」
という意味で使われていますが、

辛いこと・厳しいこと・忍耐が必要なこと
などを腹で消化するというイメージで

「我慢する」という意味を
理解しましょう。

ちなみにifという単語で
スタートしているから、
その後に続く文章は?

という疑問はあるかも知れませんが、

実践では学校文法のように杓子定規な
考えではなく、if節だけで終わることも
多々あります。

■ 実践英会話のボキャビル━━━━━━・・・・・‥‥‥…

実践の英会話表現で使われた重要な
英単語・熟語を英語で理解してみましょう!

=stomach=

「to bear or tolerate」

(我慢するまたは耐える)

<1点集中ポイント:stomachの意味を英語で捉える>