Ground floor」=「1階」

今回はスラングではありませんが、
「階数」の表示についてお伝えします。

 

アメリカ英語の場合は
First floor = 1階で問題ないですが、

 

イギリスやオーストラリアでは
Ground floor = 1階となるので

 

我々(日本)の感覚とは1階ずつずれます。

 

どういうことかというと、

1 Ground floor
2 First floor
3 Second floor

 

となるからです。

 

オーストラリアに来た当初は、
頭では分かっていたものの、

 

とっさに言われると「あれ??」
となっていました。

 

エレベーターの表示も、
1階が「G」、2階が「1」・・・

 

となっています。
面白いことに、混乱をきたすのは
日本人との会話の際です。

 

例えば・・・

日本人の友達とショッピングセンターで
待ち合わせをするときに

 

1階(Ground floor )にいるから」というと、
「どっち?」と必ず聞かれます。

 

「日本語の1階(First floor)だよ」と
確認しないと別の階で待っているかもしれません。

 

英語ではこの混乱は起きないので、
面白いですよね。

 

ちなみにオーストラリアでは
エレベーター Elevator のことを

イギリスと同じくリフト Lift と呼びます。

知っていて損はない、現地でも使える
オージースラングでした!