実践の英会話シーンで使われる表現です。

 

<本日のお題: 3度目の正直>

I tried working this project twice but failed.
(このプロジェクトに2度トライしたけど失敗した。)

Well, never give up! It goes without saying,
third time’s the charm.

(ん、諦めるな。3度目の正直ってよく言うじゃない。)

 

<1点集中ポイント:third time’s the charm

 

charmには人を惹きつける魅力
という意味があります。

 

チャーミングな人という
日本語もありますね。

 

今回使われているcharmは
その意味ではなく、

 

別にある「おまじない」や「お守り」
という意味で使われています。

 

日本でも3度目の正直という
表現は使われますが、

 

英語ではこのcharmを使って
言い表します。