実践の英会話シーンで使われる表現です。

 

<本日のお題:~じゃなく>

Oh my goodness. I got some trouble!
I don’t know what to do.
(まずいよ、トラブルに見舞われた!
どうすりゃいいか分からない)

Ok, calm down. You should figure out how to
solve it logically as opposed to emotionally.

(まぁ、落ち着け。感情的じゃなく
論理的に解決策を見つけた方がいいよ)

 

<1点集中ポイント:as opposed to>

 

opposeは「反対する」や
「対立する」、「対比させる」
という有名な動詞です。

 

そこにedがついてopposedという
「された」的な形に変化しています。

 

それをasの後につけているので、
asの前とasの後を「同時に見る」
状況ですね。

 

asはいつもお伝えしている通り、
わざわざ訳すことなどありません。

 

asの前後を同時に見たいから
使うだけです。

 

今回はたまたまそれが
「opposed to~」という
だけですね。

 

opposedの後にはtoで「こちら」
と矢印で方向を導いてその具体的な
内容を示しています。

 

つまりto以下の内容と比較して
違いをはっきりさせたい時に
as opposed to~が使われます。