3ヶ月で英語が自然と口から溢れ出す!大人の為の英会話速習トレーニング
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • オージースラング

オージースラング

オージースラング 「arvo」=「午後」

「arvo」=「午後」   「afternoon」の略語です。   名詞を短くして変化させるのは オージー特有の表現ですよね。   I’ll come over to your …

オージースラング 「ta」=「ありがとう」

「ta」=「ありがとう」   「thank you」と同じ意味で使います。   発音は[‘t?’/’t?’h:]で[タ]になります。   この …

オージースラング 「heaps」=「とても/沢山の」

「heaps」=「とても/沢山の」   「a lotやmany」と同じ意味で使います。   例えば・・・ That’s heaps better ! そっちのほうがもっといいわ~! Hea …

オージースラング「Postie」=「郵便配達員」

「Postie」=「郵便配達員」   とてもシンプルで分かりやすい スラングです。   毎日手紙や小包を配達してくれる、 郵便配達員を指します。   Postmanと呼ぶのが一般的ですが、 …

オージースラング 「Rubbish」=「くだらない・ばかげた」

「Rubbish」=「くだらない・ばかげた」   元々はゴミ・がらくたという意味で イギリスのスラングですが、   オーストラリアでも良く使われる 英語表現です。   Dave is rub …

オージースラング 「Shonky」=「怪しい・信用できない」

「Shonky」=「怪しい・信用できない」   このスラングは代表的な オージー英語表現のひとつで   「怪しい・信用できない」 という suspect や untrustworthy と同じ意味で使 …

オージースラング 「Too right」=「全くそのとおり・賛成」

「Too right」=「全くそのとおり・賛成」   これはオージーだけでなくイギリス、 ニュージーランドでも日常的に使われている スラングでDefinitelyと同じ意味ですね。   Right ( …

オージースラング 「Freebies」=「無料の景品・試供品」

「Freebies」=「無料の景品・試供品」   これはfor freeと同じ意味で簡単に言うと タダでもらえるものですよね。   街で配っている試供品もあれば 買い物をするともれなく付いてくる 景品 …

オージースラング 「Grommet」=「若い(子供)のサーファー」

「Grommet」=「若い(子供)のサーファー」   サーフィン大国オーストラリアでは 若い(子供)のサーファーをGrommet もしくはさらに短くしてGromと言います。   対象年齢は小学生くらい …

オージースラング 「Muso」=「ミュージシャン」

「Muso」=「ミュージシャン」   これはmusicianの短縮形で、 主にパブのバンドで音楽を演奏する 人をmusoと呼びます。   オーストラリアの酒場はパブと呼ばれ 基本的にはカウンターでお酒 …

1 2 3 13 »
スピーキング博士の
毎日届くメルマガ
忙しいあなたにとっておき!
毎日1分の英語スピーキング習慣で
英語が
「自然と口から溢れ出す感覚」
を身につけよう!
詳細はこちら
英語上達の鉄板
・365ヶ条・


1日30秒で学ぶ英語上達の極意を
365日毎日無料メールでお届け!
英語上達への気付きや英語学習の
方法、重要英単語のコアや
英文イメージ化等が簡単理解で
無料にて毎日学べます。
是非ご利用下さい!
登録はこちら
実践で使う
英会話表現
英会話上達に挫折する
3つの理由


中学・高校と6年間英語を学んで
いるのに実践で英語を使うことが
出来る人はほんのひとにぎり。
なぜでしょうか?

中には受験英語で膨大な数の
英単語や構文を暗記し、文法を
学んでいる人もいますが、実践で
英語が思うように使えません。
なぜでしょうか?

留学といった素晴らしい
実践の環境に飛び込んでいるのに
実践で英語が使えない人もいる。
なぜでしょうか?
その理由を知る
英語と人生の知恵を
同時に学ぶ!
英語の名言集
知っ得!
オージースラング